東海エリアで家を建てる、家を借りる、お店をする、土地を探すならウインクス

東海エリアで家を建てる、家を借りる、お店をする、土地を探すならウインクス

House-W

住宅

住宅部門「House.W」について

お客様の想いを叶える完全自由設計の家づくり

弊社は、設計事務所での経験を経て、先代からの会社を受け継ぎ、2016年にオフィスをアクセスの良い国道一号線沿いに移転しました。創設当時から店舗の建築・設計を中心に携わり、店舗建築ならではのオーナー様や店舗の雰囲気ごとの素材選びや照明計画などのご提案をさせて頂く経験を積みました。事業の一環として店舗設計で培った経験を元に、オフィス1Fに「Cafe.W」を、建築と不動産は密接につながりのある事業でありますことから、不動産部も同時にオープンさせ、一般の設計事務所や工務店とは違った形で社会やお客様に寄り添い、関わり、情報提供できる場となるようにとの願いも込めました。

一般のお客様より、新築住宅の非日常感やリゾートテイストへのご要望を多く頂くこととなり、住宅の性能はハウスメーカーと同じ高いレベルで、さらに店舗設計を手掛けた経験によりデザイン性も備えた住宅をご提案できる住宅部門「House.W」を立ち上げる運びとなりました。

家をつくるということ

寄り添い一緒に造りあげる家づくり

お客様の育ってきた環境や、家族構成、新築を考えるタイミング、「家」に対する考え方もしかり、お仕事によっても必要であるものも求めるものも違う。それぞれのお客様の「大事にしたいもの」をお聞きし、「家」とはどういったものであればより豊かに、楽しい暮らしが送れるか?そんなことを考えて家づくりをご一緒させていただくのが喜びであり、楽しみであります。
ウインクスは、「自分らしい家を建てたい」「こんな風に暮らすのが夢」などの思いをじっくりとお聞かせいただき、寄り添った家づくりを目指しています。

一生に一度の家づくりに携わらせていただきますので、最良のパートナーとなり、社名の通り「WIN×WIN」の関係を築いていきたいと考えております。

業務の流れ

STEP1

お問い合せ・ご相談

お問い合せ・ご相談

ウインクスハウスでは、メールまたはお電話で注文住宅の資料をご請求頂けます。
基本仕様や詳しいご説明やご質問については、担当者から直接お話しさせて頂きます。

設計事務所となると馴染みがなく、ちょっと敷居が高いな、とお感じになるかもしれません。
当社は、オフィス1Fにカリフォルニアテイストの住宅をイメージしたカフェを併設させていただいております。
「Cafe.W」をご利用いただき、「カリフォルニアテイストの住宅ってどんなのかな?」などご興味を持って頂けましたら2Fオフィスにぜひお気軽にお越しください。
直接のご来店もお待ちしております。
土地探しのこと、予算のこと、わからないことが当たり前ですので、お話をお聞かせください。土地をお探しのお客様は、当社不動産部もございますのでお好みや条件などお聞かせいただき、お探しさせて頂きます。

STEP2

ヒアリング

ヒアリング

プランニングシートを元に、新築住宅へのこだわりや、家での過ごし方、今の生活で不便に思っていらっしゃることなどをお聞かせください。
ご自身で気づいていないような夢やお困りごとも、時間をかけて満足のいく家づくりとなるようにしっかりお聞きします。
大切なご予算のお話も併せてお聞きし、ヒアリングとプランニングシートを元に住宅の計画をさせて頂きます。
住宅ローンや、各種減税、贈与の相談もさせて頂きます。

STEP3

ご提案、見積もり

ご提案、見積もり

ヒアリングからお作りしたプランをご覧頂きます。
修正点がある場合はお直しした上で、見積もりを作成させて頂きます。

STEP4

設計申し込み

設計申し込み

プラン、見積もりをご確認頂き、家づくりのパートナーとして進めさせて頂けるとご判断頂けましたら、設計申し込みを頂きます。これからプランの仕様や修正点などをより深く煮詰めていき、サンプルをご確認頂いたり、ショールームなどで細かく打合せを進めていきます。

STEP5

建築請負契約

最終見積もり書を作成し、建築請負契約書を作成させて頂きます。住宅ローンをお使いの方はローンの申し込み手続きもお手伝いさせて頂き、建築確認申請、地盤調査、工事の手配なども進めていきます。

STEP6

工事着工〜完成、お引渡し

工事着工〜完成、お引渡し

工事の着工から完成まではおおよそ6か月となります。
営業、設計、現場管理と連携して品質の確保をしていきます。第三者機関(JIO)による中間検査システムに加盟にしておりますので、見えなくなってしまう構造部が設計通りに施工されるよう、ご安心してお任せいただけます。
お客様による現場見学、チェックはいつでもお待ちしております。
完成前には社内検査をした上で、営業と設計、お客様による検査を頂き、補修個所をお直しした状態でお引渡しをさせて頂きます。

ZEHへの取り組み

株式会社ウインクスでは、環境省による平成31年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事業、ZEH支援事業のZEHビルダー登録がこのたび完了致しました。ウインクスは、ZEH住宅の普及・促進を目指します。

ZEH普及目標と実績
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
実績(年間建築物件総数) ZEH普及目標
10件 0件 0件 40% 50%

[ZEH住宅とは?ウインクスの思い]

ざっくりと言ってしまうと、国が限りあるエネルギーを大切にできるよう、これからの住宅に定めた省エネ基準が、「(Z)ゼロ・(E)エネルギー・(H)ハウス」、略して「ZEH」です。
(※正式には「ネット」が頭についているのですが、わかりやすく略しました。)

国は、いわゆる省エネ=「二酸化炭素を出さない家」=「エネルギーをあまり使わない、使った分作る(発電する)家」は良い家なので、サポートします、という政策のことです。

ここで言う「良い家」とは、「性能の良い家」という考え方です。
デザインや住み心地はちょっと脇に置いておいて、性能の良い家はエネルギーも使わず、快適で住みやすい=「良い家」といった感じです。
そもそも家は性能だけでなくて、持ち主の思いや暮らし方にどれだけ寄り添って、人生を快適に、豊かに過ごせる居場所になるかが「良い家」だと思っています(私個人の考え方です)。
国の決めた性能基準が直結して良い家になるとは考えておらず、性能評価認定を持っていない小さな工務店や設計事務所レベルでは、申請費用が直接お施主様の負担になってしまうこと、それにより自由な家づくりが奪われてしまうのではないか?と疑問に思っていたこともZEHビルダー登録へ二の足を踏んでいた理由の一部にあります。
しかし、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
実現についてはまだ詳しくは決められていないようで、2020年開始の目途はたっていないのですが、この政策方針がなくなることはないと思います。

一般のお施主様にとっては、この「ZEH」という性能基準がついた家とそうでない家、どっちが「良い家」なのか?判断するのは難しいと思います。でも、ニーズとしてはこれから増えていく家の在り方だろうな、それをお渡しできるように準備しておこう、と気づいたのです。
ウインクスの家づくりは、性能はZEH基準をクリアしたお住まいをお渡しできるように標準仕様の設定をしておりますが、実際に「申請」をできるようにしておくことにした、と簡単に言ってしまえばそうなのです。

ZEH促進事業が「家」のすべてではないと考える傍ら、時代の流れがそちらに向いているから取り入れていきたいと、今回のビルダー登録に至りました。

性能の良い家は快適です。
エネルギーを作れ、あまりエネルギーを使わなくて済む家だったら、地球にもお財布にも優しい。(使い古された表現ですいません)
性能が良いだけの家ではなく、「良い家」をお渡しできるよう努めていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

僕は設計士はお客様の思いを聞くことが仕事だと思っています。やってみたいことや、「こうだったらいいな」、を集めて形にしていきます。具体的なイメージがまだ無かったり、まとまっていなくても大丈夫です。家づくりはわがままを言えるそうそうない機会です。どんなわがままがお聞きできるか、そのわがままに僕がどんな色を着けて描けるか?考えるだけでわくわくします。あなたのわがままをお聞きすることを楽しみにしております。

設計部/チーフ

設計部/チーフ

清水 功一

Koichi Shimizu

新築をお考えになる際、悩んだり、迷ったり不安に思うことも多くあると思います。「営業」というとセールスのイメージが強いかもしれませんが、「おうちづくりのナビゲーター」として土地探しや土地選び、住宅ローンに関するご心配事や、家のプランについてもサポートさせて頂きます。家事動線や、ちょっとした工夫のポイント、インテリアの相談など、他にないあなただけのお家になるように、努めますので一緒に家づくりを楽しみましょう。

設計部/チーフ

営業

大曽根 景子

Keiko Ozone

カリフォルニアスタイルに限らず、
様々なデザインをご提案

施工実績はこちらから

ページTOPへもどる